フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
<< 終わらない鎮魂歌 main ロストワン >>
夜明けを選べ

         


いつか

いつかその夢は見なくなると、マスターが言った。

 
 

 

爽やかで暖かそうな日光が、真っ白いテーブルに反射して眩しい。

朝のようだ。


愛らしい幼い一人の女の子が走ってこちらへ向かってくる。

両手に抱えたボウルを、夢の中の私へ差し出す。


ふっくらと幸せそうな頬が上がり、嬉しそうな笑顔を浮かべる。

中にはミルクのデザート。

 


追うように、今度はスカートの裾を少し上げて走る少女の姿。

靴についた芝生の朝露が眩しく、女の子と同じ色した瞳が太陽の光で輝いている。


彼女の聡明な雰囲気を作り出している眉。

しかし今は八の字を描いている。


大きな瞳で私を見上げる女の子の体が宙に浮く。

姉の腕の中に収まった表情は、一度驚いたあと、またあの笑顔になった。


少女の怒ったような、困ったような目元も、徐々に柔らかく細められる。

 

何を言っているかは聞こえない。

 

女の子が、私の持っているボウルと、私を交互に指差す。

少女が微笑みを浮かべ、女の子を見、私を見る。

 

それは、しあわせそうな光景だった。

 
 

 


しかし
すぐに日暮れがやってきた。


高い、大人が手を伸ばしても到底届かない程にある窓からは、月が見える。

猫の眼のように鋭い月。


私は冷たそうな石畳の上に座り込み、自分の足を抱えている。


もしかしたら寒いのかもしれない。

体が震えている。


月の光しか届かない、暗く異様な静けさの中。

どれくらいここにいるのかわからない。


規則正しい足音が聞こえる。

揺らめく灯火で影が作られ、それが近付く。


蝋燭の灯に浮かぶ男の口が言葉を紡ぐ。

 

何を言っているかは聞こえない。

 

男は、氷のような視線で僕を見下ろし、手を差し出した。

 
 

 

 


いつかその夢は見なくなると、マスターが言った。


ほんの数年前までの話。

今はもう夢さえ見ない。


"その夢"が本当に夢だったとしたら。




従僕 ユーリ - -