フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
<< 回想 main 再度の喪失 >>
スープ
          

澄み切った琥珀色の液体……

美しいッス!

大量の水に、すっごい量の鶏がらとか、牛のすねとかが入ってて
すっごい時間かけてじっくりじっくり出汁とって……

なんかすっげぇ量の野菜も入って
また更に煮込んで……

二日以上かかって、出来上がったキレイな琥珀色の液体。
あんなに沢山あったのに、これっぽっちしか出来上がらないんスね……

うううー、繊細だけどいい香りがするッスーー!!



で……コレ、なんなんスか?

「……作り始める前に言ったはずですが?
 フン。まぁいいでしょう。

 これが、コンソメというものですよ、レミ」


おおおお!
コンソメ!!
これがぁ…………

って、よくわかってないんスけど……


「フム。
 コンソメは「完成した」という意味の込められたスープなのですよ。
 

 やっていることは単純ですが、時間をかけてじっくりと旨みや風味を抽出するのです。
 単純とはいえ、少しでも違うことをしたり怠れば、あっという間に食材の臭みだけが出てしまい、使い物にならなくなる。
 透き通らせることも決して簡単ではないのです。

 
 こうして完成したスープは、さほど満足感を与えず、しかし大変風味豊かで、食欲を刺激させます……フ……
 まさにコース料理には理想のスープ!!

 さて……今夜はコレをベースどんなスープをお出ししましょうかねー!!!ギョギョ〜〜〜!!!」


おおおお!!!

師匠……! 素晴らしいッス!!!

やっぱり、師匠は天才ッス!!!!

途中何言ってるかよくわかんなかったスけど、素晴らしいッス!!!!

クラウス様もエリーゼ様も、きっと大喜びッス。
フンフフフーン♪



皿洗い レミ - -