フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
<< グラスアイ main 伝言 >>
shrewd man
         

クラウス様の食器を片付ける。
 
また今日も4分の1程度残している。
 
リーネ様の追悼パーティーまであと2週間

毎年のことではあるが、この時期が近づくとクラウス様が悲痛な表情を浮かべることが多くなる。
 
いくら歳月が流れても、
クラウス様が苦しみから逃れられることはできないのですね…



自室に戻り、招待客のリストに目を通す。

各名家の当主やご子息、ご令嬢が名前を連ねている。
 
ふとある人物の名前の前で目が止まった。
 
どこかで、聞き覚えのあるその名前…

そうだ、
以前クラウス様がヘイスティングス時代に、ものすごく頭の切れる先輩がいるとおっしゃっておりました。

クラウス様が一目置く人物…

一体どんな方なのか?
 
パーティー当日、お会いできるのが楽しみです。



執事 ハインリッヒ - -