フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
<< 断罪 main 犬鍋のレシピ >>
amulet
        


... ... フゥ ... ...



終った。

...長い一日だった。

こんな日になるとは、思ってもいなかった.....



エリーゼの様子を知りたかっただけなのに。

レオン叔父様に会って、
ちょっとカッとなってしまって、
命の価値ってなんだろうって考えたりして...

リーネ様の追悼パーティーに出た後
エリーゼを探すうち、
いつの間にかイヤリングを落としてしまって

それから...

...

それから...

... ... ...。



やめよう、思い出すのは。


あんな思いをするのは、もうたくさん。

あれは...

あれは一体なんだったんだろう?



それに、叔父様が気にしていた、あの男の子は一体... ... ...



...そのあとは、叔父様のラボでエリーゼに会うことが出来た。

でも、彼女はやっぱり多くを語らなかった。

なにかとても疲弊していて、目を泣き腫らしていて、
薬の作用かなにかで少し眠そうだったのもある。

私自身もまだまだ混乱していて、
彼女のために用意してきた言葉のひとつも思い出せなくて...

お姉様のことについて慰めてあげることもできなくて、
あまり長居はせずに帰ってきてしまった。

... これでよかったのかしら ...



ドレスを脱ぎ、イヤリングを外す。


—そうだわ、これも修理をしなくては。



ふと母の姿を思い出し、
引き出しの中の手帳の間から、昔の写真を取り出す。

この館で過ごすと決めたあの日から
あまりこの写真は表に出さずにいたのだけれど、
久しぶりにお母様の顔を思い出してしまって。


写真に写る、幼い私と、今は亡き両親の姿。

父、ダミアン・アンガス・ドランスフィールドと...

今は私の手の平にある青緑色のイヤリングを耳に飾った、
若き日のクレアお母様。

お母様は、今のお父様の教え子の一人だったのだという。

今のお父様やお兄様になんとなく後ろめたい気がして
ドランスフィールド家のものはあまり持ち込まなかったのだけれど、
どうしてもこれだけは手放すことが出来ない。



とくに、このイヤリングだけは...

...お母様が護ってくれている気がして。

悲しいことや怖いことがあった日は、
このイヤリングをつけたまま眠る。



今夜もまた、そんな日になりそう———



窓の外の夜空は、雲が月を覆い隠そうとしていた。



ゲスト ディーナ - -