フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
<< 犬鍋のレシピ main
再適応メカニズム
         

「つまりね、こういう事なんだ」



彼は目を閉じてこちらを向くことも無く静かに横たわっている。
それでもボクは構わない。



「人間というのは案外、しぶとい生き物なんだ。
 物質的に命を絶つという事は人間として機能が停止する事を指す。
 だけれど精神というのは肉体がある限り活動をやめない」



無関心な彼に向かって言葉を続ける。
反応は何一つない。
しかし言葉に発して思考をするという行為は
時に文章として書き出すより考えがまとまったり
する。



誰かに話しかけている、という事が大事なのだ。



「要するに精神に0という値はないんだ。
 限りなく0に近くはなるだろうけどね。
 ではそのように精神を削り取っていくとどうなるか?」



膝を屈めて彼を見据える。
彼の様子に変化は無い。



「意外にもある時点から削れなくなっていくんだ。
 それどころか削られた箇所が以前より厚く硬くなっていく。
 まるで折れた骨がそれまでより丈夫になって治るみたいにね」



再生する骨を描くように指を宙に躍らせる。
その動作に幾分興味が湧いたのか、彼はぴくりと片目を開けた。



「防衛機制というやつが近いのかな?
 その治り方は人それぞれのようで、骨そのものを太くしていく
 人もいれば周囲の筋肉を硬くしていく人もいる。
 あるいはその骨をまったく違う素材で生成したりもする。
 うちの三兄弟がそうだったようにね」



彼は更に能動的になり、顔を上げてこちらを向いた。




「そうして再生された自我というのは実に強固なものでね。
 感情に無駄というものが無い。
 精神崩壊を避けるために壁を張り巡らせて内側から
 鍵をかけるんだ。
 閉め終えた後、その鍵は処分してね。ところが…」



空を見上げる。
湿った空気がまとわりつく中、曇天の空が広がっていた。



「鍵穴が存在しないはずの外側から、彼はあっさり内側
 に侵入する事に成功したんだ。
 その結果は悲惨なものさ。
 割れた卵の中身をかき回すように、ユーリの自我は
 グチャグチャに混ざってしまった」



キレイな顔をした男の子、ってディーナは言ってたっけ。
それに…



「『トンプソンさん』…なんてハインゼスさんは言ってたよなぁ…
 彼、一体どんな魔法を使ったのかな…それを知るためにも
 君も行ってみたいよね?か、カ、カドゥケ……メス?」



例の薬の事といい、彼に対する興味は尽きない。
それにしても…



「何か一言くらい反応してくれてもいいじゃないか…
 そんな態度してると、行きたいって言っても
 連れてってあげないからね。
 …おーい、聞いてる?リベルタ〜…」



しかし興味は無いらしく彼は完全にそっぽを向いてしまった。
犬には難しかったかなぁ。


嘆息してボクは立ち上がり、一人で抜け駆けして『なんとかメス』に
出かけないよう念を押すためクラウス殿の執務室へ向かう事にした。



科学者 レオン - -