フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
追想
         

お元気でいらっしゃるリーネ様に最後にお会いした時のこと。


「ねぇカレン、あなたはなぜ笑わないの?」

 「今は仕事中でございます。
  ヘラヘラと笑いながらお仕えするなど、
  わたくしは、そのような教育は受けておりません。」

そう無機質に答えた。

「そういうことじゃなくて…。
 笑顔でいるとね、そこに幸せは集まってくるのよ。
 だからあなたも、ほら笑って。」

優しく微笑みかけてくれるリーネ様。
でも、わたくしの頬は少しも動かなかった…。


あの日、何か嬉しそうに窓の遠く先を見つめるリーネ様。
美しいその横顔を、今もわたくしは忘れられません。

 
あなたはあの時、何を想っていたのでしょうか。
あの時わたくしが微笑めば、何か変わっていたのでしょうか。



そして、

今わたくしが微笑めば、エリーゼ様も変わるのでしょうか…。



メイド カレン - -
1/1PAGES