フリューゲル・デス・フレースヴェルグで起こる日々の出来事・・・
再適応メカニズム
         

「つまりね、こういう事なんだ」



彼は目を閉じてこちらを向くことも無く静かに横たわっている。
それでもボクは構わない。



「人間というのは案外、しぶとい生き物なんだ。
 物質的に命を絶つという事は人間として機能が停止する事を指す。
 だけれど精神というのは肉体がある限り活動をやめない」



無関心な彼に向かって言葉を続ける。
反応は何一つない。
しかし言葉に発して思考をするという行為は
時に文章として書き出すより考えがまとまったり
する。



誰かに話しかけている、という事が大事なのだ。



「要するに精神に0という値はないんだ。
 限りなく0に近くはなるだろうけどね。
 ではそのように精神を削り取っていくとどうなるか?」



膝を屈めて彼を見据える。
彼の様子に変化は無い。



「意外にもある時点から削れなくなっていくんだ。
 それどころか削られた箇所が以前より厚く硬くなっていく。
 まるで折れた骨がそれまでより丈夫になって治るみたいにね」



再生する骨を描くように指を宙に躍らせる。
その動作に幾分興味が湧いたのか、彼はぴくりと片目を開けた。



「防衛機制というやつが近いのかな?
 その治り方は人それぞれのようで、骨そのものを太くしていく
 人もいれば周囲の筋肉を硬くしていく人もいる。
 あるいはその骨をまったく違う素材で生成したりもする。
 うちの三兄弟がそうだったようにね」



彼は更に能動的になり、顔を上げてこちらを向いた。




「そうして再生された自我というのは実に強固なものでね。
 感情に無駄というものが無い。
 精神崩壊を避けるために壁を張り巡らせて内側から
 鍵をかけるんだ。
 閉め終えた後、その鍵は処分してね。ところが…」



空を見上げる。
湿った空気がまとわりつく中、曇天の空が広がっていた。



「鍵穴が存在しないはずの外側から、彼はあっさり内側
 に侵入する事に成功したんだ。
 その結果は悲惨なものさ。
 割れた卵の中身をかき回すように、ユーリの自我は
 グチャグチャに混ざってしまった」



キレイな顔をした男の子、ってディーナは言ってたっけ。
それに…



「『トンプソンさん』…なんてハインゼスさんは言ってたよなぁ…
 彼、一体どんな魔法を使ったのかな…それを知るためにも
 君も行ってみたいよね?か、カ、カドゥケ……メス?」



例の薬の事といい、彼に対する興味は尽きない。
それにしても…



「何か一言くらい反応してくれてもいいじゃないか…
 そんな態度してると、行きたいって言っても
 連れてってあげないからね。
 …おーい、聞いてる?リベルタ〜…」



しかし興味は無いらしく彼は完全にそっぽを向いてしまった。
犬には難しかったかなぁ。


嘆息してボクは立ち上がり、一人で抜け駆けして『なんとかメス』に
出かけないよう念を押すためクラウス殿の執務室へ向かう事にした。



科学者 レオン - -
犬鍋のレシピ
         

新鮮な赤犬・・・一匹

たっぷりの野菜

赤ワイン

ふむ。新鮮とは言えアクが強そうですからねぇ、

木の実や香辛料と一緒に一度蒸し焼きにでもしましょうか・・・っと。


フゥ


・・・ったく、何やってんだてめぇは。

てめぇが守るのはエリーゼじゃねぇだろうが。

しかもあっさり標的から離れやがって、何がしてぇんだよ。



弱ぇな。

軽すぎんだよ、決意も、体重も。

役に立たねぇんなら本当に煮込んで喰っちまうぞ。

骨と皮ばっかで旨そうじゃねぇけどな・・・。




・・・あぁ、そうか。

コイツはずっと、自分を守るために戦ってきたのか。

自分しか守ったことがねぇから、他人の守り方がわからねぇのか・・・。

・・・たく、じゃあなんでてめぇがプラエトリアニなんだよ・・・。



それにしても、クラウス様のあの様子、

騒ぎはこれだけじゃ収まりそうにねぇな。行くか。


フゥ


ではイザという時のために、包丁は研ぎなおしておきましょうかね〜!

折角捕まえたエモノも逃げ出さないようにぐるぐる巻きにしておきましょう!

ギョギョギョ〜!



料理長 ロイド - -
amulet
        


... ... フゥ ... ...



終った。

...長い一日だった。

こんな日になるとは、思ってもいなかった.....



エリーゼの様子を知りたかっただけなのに。

レオン叔父様に会って、
ちょっとカッとなってしまって、
命の価値ってなんだろうって考えたりして...

リーネ様の追悼パーティーに出た後
エリーゼを探すうち、
いつの間にかイヤリングを落としてしまって

それから...

...

それから...

... ... ...。



やめよう、思い出すのは。


あんな思いをするのは、もうたくさん。

あれは...

あれは一体なんだったんだろう?



それに、叔父様が気にしていた、あの男の子は一体... ... ...



...そのあとは、叔父様のラボでエリーゼに会うことが出来た。

でも、彼女はやっぱり多くを語らなかった。

なにかとても疲弊していて、目を泣き腫らしていて、
薬の作用かなにかで少し眠そうだったのもある。

私自身もまだまだ混乱していて、
彼女のために用意してきた言葉のひとつも思い出せなくて...

お姉様のことについて慰めてあげることもできなくて、
あまり長居はせずに帰ってきてしまった。

... これでよかったのかしら ...



ドレスを脱ぎ、イヤリングを外す。


—そうだわ、これも修理をしなくては。



ふと母の姿を思い出し、
引き出しの中の手帳の間から、昔の写真を取り出す。

この館で過ごすと決めたあの日から
あまりこの写真は表に出さずにいたのだけれど、
久しぶりにお母様の顔を思い出してしまって。


写真に写る、幼い私と、今は亡き両親の姿。

父、ダミアン・アンガス・ドランスフィールドと...

今は私の手の平にある青緑色のイヤリングを耳に飾った、
若き日のクレアお母様。

お母様は、今のお父様の教え子の一人だったのだという。

今のお父様やお兄様になんとなく後ろめたい気がして
ドランスフィールド家のものはあまり持ち込まなかったのだけれど、
どうしてもこれだけは手放すことが出来ない。



とくに、このイヤリングだけは...

...お母様が護ってくれている気がして。

悲しいことや怖いことがあった日は、
このイヤリングをつけたまま眠る。



今夜もまた、そんな日になりそう———



窓の外の夜空は、雲が月を覆い隠そうとしていた。



ゲスト ディーナ - -
断罪
          
 
許すことはできない
何があっても――
 
 
 
この追悼パーティで起こったことで
嫌というほど目の前で思い知らされた――

自分の気持ちはそうやって逸るばかりで
これが止まる気がしなくて
 
 
 
ウォーレン――

私はあの時あの瞬間に
何を血迷ったのかと本気でお前に失望した
 
よもやお前までもが
“あの女”によってその歯車を狂わされたのかと
 
ロイドがどんな気持ちでお前の帰りを待っているのか
 
 
 
そう――
待っている者が居る
 
 
 
だから、こうなった今でも私は信じている
 
 
 
 
 
 
だが――
あの人からすればそんなものは
ただの家族ごっこにしか過ぎないのだろう
 
であるとすれば
あの人が立ち止まることはない

 


ならば私が行こう
 
 
 
 
 
これ以上、何かを失うのは
 
 
 
 
 
 
 
 
あの人も
 
 
 
決して失いはしない
 
 
 
 
 
 
 
 
だから一刻も早く、“計画”の阻止を――
 
 
 


 
 
――――ザ・カドゥケウス・オブ・ヘルメスへ



長男 クラウス - -
心配
         

夏だと言うのに、館は異様な寒さに包まれている。

そんな寒さに震え、目を覚ます。
また泣き疲れて眠ってしまっていたのね。。

ベッドから起き上がろうと手を着くけれど、ふっと力が抜け再びベッドへ沈んでしまう。

あんな事があったからなのか、或いは食事をまともに摂っていないからなのか…
いつも以上に身体が思うように動かない。

そのままベッドで考えを巡らせていると、
控えめに扉をノックする音がし、次いで私の名前を呼ぶ声。

扉越しに、あえてあの日の事には触れず、身体を心配するお兄様。

あの時、今まで隠してきた事を伝えて、
ほんの、ほんの少しだけ、すっきりしている私。

でも、だからこそ、お兄様に合わせる顔がない。

「大丈夫よ、お兄様。
でも…今とても酷い顔をしているから
しばらく会えそうにないわ…ごめんなさい。」

泣き腫らし、酷い顔をしているのは本当、
大丈夫だというのは嘘。。

せめて食事はちゃんと摂って欲しい、とだけ言って
扉の前にあった気配が遠のいていく。



そういえば、あれからレオンのラボで目を覚まし
しばらくしたところで、レオンに連れられディーナがやって来て…
何だか様子がおかしかった気がした。

と言っても、あの時はあまり気にすることができなかったのだけれど。
何かあったのかしら…。



二女 エリーゼ - -
1/18PAGES >>